お問い合わせはこちら

ブログ

梅田の結婚相談所ブライズプラスからのアドバイス

2020/09/17

カウンセラー長井春美のカウンセリング

梅田の結婚相談所ブライズプラスではカウンセラー長井春美が会員様と常にコミニュケーションしています。
 最近、入会してくる人と、どこか話が合わないなと感じることがあります。
 まったく合わないというわけじゃない。途中までは大丈夫なのだけど、最後のところがどうもという感じ(笑)。

 インターネットの掲示板などを見ていても、えっ、どうしてこんな反応になるの? と驚くことがあります。何か共通の言葉が失われているような違和感を覚えたりします。
 ものを考える上での、共通の土台がないのかなと感じるのです。

 それはどうして起こるのだろうと考えていて、ひとつ思うのは、若い人たちの〈活字離れ〉ということがあるのではないかと思います。ひとことで言って、みんな本を読まなくなった。そのことが社会に与える影響を思います。

 本を読むとは、他者の経験を自身に取込むことなのですね。同じひとつの本を経験するとは、同じ経験を経験すること。
 合わない、と、その人を拒絶するのは簡単。でも合わないには自分自身の問題もあるのではないかと考えることも必要です。
 話が合わないのは読む本が違うから、であれば、すっきりするのだけどね
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。